化学調味料不使用

広島駅南口から歩いて徒歩約3分、エキニシエリアにセルフうどんの大和製麺はございます。
当店こだわりの「熟成うどん」に無くてはならない物、それが「出汁」。
化学調味料は一切使わず最後の一滴まで飲み干せるほど
あっさりとしながらも、うま味のある「出汁」を追求しました。
和食において「出汁」が味を決める基本であるように、出汁は大和製麺の第2の主役です。

一、昆布

おいしさの黄金比

大和製麺の美味しい出汁の秘密は「美味しさの化学」。
出汁を美味しくする手法として合わせ出汁は古くから和食で用いられてきました。これは複数の異なるうま味成分を合わせることでうま味が倍増するのです。
第1の出汁は昆布。昆布を水につけ、じっくり時間をかけてうま味成分を引き出します。そしてこの昆布出汁に第2、第3のうま味を加えていきます。

昆布

鮮度を守った

出汁の風味と鮮度を守る

第2の出汁はウルメ、サバ、イワシ、ムロアジ等のブレンド節。その黄金のバランスは企業秘密ですが、それと同等に大切なのは「鮮度」。そして透き通った雑味のない出汁をとるためにはアク取りも大切。1日に何十杯ものうどんをご提供する大和製麺で出汁の風味を守り、 透き通った出汁を実現させることを考えた結果、店主がたどり着いたのが「パック」という工夫です。

鰹節

最後は追い鰹

最後の決め手は「追い鰹」。雑味が残らないよう、血合い抜きの鰹節を使うことでうま味が重なり、こくがありながらも すっきりとした澄んだ出汁に仕上げます。
そして、黄金色に輝く透き通った出汁をたっぷりとうどんにかけてご用意いたします。

熟成生地

うま味深く。

熟成生地

大和のかけうどん 360円(税込)